国際ロータリーのテーマ

ようこそ 習志野中央ロータリークラブのホームページへ

2014-20151

「ロータリーを実施し みんなに豊かな人生を」

2013―14年度 RI会長のテーマ

猫-習志野中央1

Back to Rotary’s Heart and Origin

Hope of Fives Avenues of Service.to “Maneki Neko”

This belief may in tum be related to an even older Chinese proverb that if a cat washes its face and raises a paw higher than its ears ,a visitor will soon arrive .

This raising paw gesture is believer to bring in customers and wealth .

“Maneki Neko” is popular for bringing customers . wealth and good luck in japan and Europe and America . “Maneki Neko” is called “Welcome Cat”
or “Dollar Cat” .

The year 2008-2009, we deaigned the Emblem Development our dream of membership

Development to “Maneki Neko” . Replaced the bell around its neck with the Rotary Emblem .

Placed a Rising Sun painted Japanese Fun in its paw and colored the background to Blue which is Chiba Prefecture’s flag color .

We made this Emblem as a Symbol of Symbol of the “Fives Avenues of Service “as Membership Development or Vocational Service .

This is RotaryJA from Rotary International on Vimeo.

バナーについて

banner

紺碧の海と空に飛び交うカモメの群。

かつて半農半漁の町として成長してきた習志野は、海の幸によって育まれてきました。

その海も第一次埋立、第二次埋立によって、だんだんと生活からは切り離れ、

当市の基幹産業を成す工業ゾーンとして、新しい時代に向かっての躍動を始めております。

唯一、昔のおもかげを残す「谷津干潟」にはカモメ、カルガモ、シギなどの野鳥が集まって、

地元や遠来からの子供達の目を楽しませてくれてます。

特にカモメは群をつくり、仲間を助け合う特異な野鳥です。

その飛ぶ姿は「白い高貴な紳士」と称されております。

このバナーは、海と空、そして仲間を大切にしながら、

限りない未来にはばたくカモメに当クラブの思いを込めて制作されました。