週報1395回6月16日

司会:伊東会員
●点鐘 〔齋藤弘会長〕
●ロータリーソング「それでこそロータリー」
●会長挨拶〔齋藤(弘)会長〕
さて、先週の金曜日、副会長の塩田さんと私は30周年大会基調講演のお礼として、﨑山さんが尊敬している小沢一彦様が在籍している横須賀ロータリークラブに、片道2時間半かけてメ-クアップに行ってきました。会場は、横須賀商工会議所で、大きな建物、広い駐車場でした。会員数112名、女性会員は7名。当日の出席者は約80名。東京恵比寿ロータリークラブとほぼ同じでした。卓話者は在日米軍15,000人のトップの司令官、マシュJカーター海軍少将でした。英語の通訳の人もいました。例会終了後、1時間、会長・副会長とお話をしました。
①横須賀ロータリークラブの入会金は、5万円。会費は、(半年で9万円、1年間で18万円)。財団、米山は個人寄付で別だとの事。
②入会申込者は本人が履歴書(提出シート)に「学歴・職歴・家族状況」等記入し、さらに、他の会員からの「推薦状」を添えて提出するとの事。驚いた事に、その履歴書の下段には、「英語・フランス語・ドイツ語その他」を、流暢に話したり、書いたりできるかを、書く欄がありました。
さすが世界に開かれた港町です。その履歴書は、理事会の役員のみに配り、入会審査をする。この部分が我がクラブと違う点です。後はクラブ側では、一般会員に簡単な紹介の書類に書き直して送付し、承認をもらうとの事です。
③肝心の「何故、会員数が増え、その促進策は何か」と聞くと、何よりも「小沢さん」

第 1395 回 2016 年 6 月 23 日

が28人も増員してくれました。その入会者が、ポロポロと退会して半分になってしまったので、総合的に考えたのが、「SAAが8グループに分け、4ヶ月間は座席指定にし」そして例会とは別に、その8グループが別々に、4ヶ月に1回5千円位の会費で、外の会場で夜2時間位、自由活発に発言し、お酒も入るそうです。自由参加で、リーダーと副リーダーだけを決め、フリートークをするそうです。会長、幹事、副会長も仲間に入るそうです。これを、年3回行うとの事です。すると、昼間の例会以上に、出席率がぐーんと上がり、大変盛り上がっているとの事です。この行事を、「伝統的なテーブルミーティング」として継続しているとの事です。ちなみに、前小泉総理の後援会会長は、「小沢さん」との事です。
塩田さん、補足があったら委員会報告の時、お願いします。
以上、巨大な横須賀ロータリークラブの一部をご紹介しました。ありがとうございました。

●幹事報告〔髙橋(勝)幹事〕
1.(公益)金谷美術館より「世界を疾る!千住博展」開催のお知らせ
開催日:7月2日(土)~10月23日(日)
休館日は水曜
入場料:800円
日本画家である千住博氏の作品を内房の浜金谷駅近くの美術館で開催するそうです。
2.第2790地区ガバナー事務所より
第5回日台親善会議の報告によると、金沢で行われた会議の席上、台南地震への義援金に対する感謝状が贈られたとの事です。また、これとは別に当クラブ宛に台北駐日文化代表処台湾文化センター長「朱文清氏」
より台南地震義援金への感謝とともに、30周年記念式典DVD送付への御礼が届いています。
3.第2720地区ガバナーより
熊本・大分地震への義援金に対する感謝の御礼が届いています。
4.千葉北ロータリークラブ
メールアドレスの変更のお知らせです。
旧アドレス chibakita@ceres.ocn.ne.jp
新アドレス office@chibakitarc.com

●委員会報告
○IT・広報・公共イメージ委員会
〔矢野委員長〕
ロータリーの友6月号の16ページから4ページにわたって「ロータリーの明日」と題して規定審議会レポートが掲載されていますのでご覧になって参考にして下さい。

○ロータリー財団委員会〔布施委員長〕
ロータリー財団への特別寄付金として、本日、宮崎会員より1,000ドルの高額寄付をいただきました。ありがとうございました。

1395-1

西田会員にポールハリスフェロー
感謝状とピン 贈呈

1395-2

新井会員にマルチプルポールハリス
フェローピン 贈呈

●ニコニコボックス
齋藤会長
この一年間ありがとうございました。
平澤会員
一年間ニコニコへのご協力ありがとうございました。
山本(孝)会員
職業奉仕小委員会無事に務めました。
髙橋(利)会員
社会奉仕活動、一年間ありがとうございました。
三代川(彦)会員
6月11日、第48回習志野市消防団ポンプ操法大会開催
大竹会員
一年三カ月ありがとうございました。
髙橋(賢)会員
齋藤弘会長・髙橋勝幹事一年間ご苦労様でした。
﨑山会員、平山会員、宮本会員、齋藤会長、髙橋(勝)幹事、山本(美)会員、新井会員
韓国国際大会に参加して

●クラブ協議会
○管理運営委員会      〔髙山委員長〕
2015年-16年度国際ロータリーのテーマ「世界へのプレゼントになろう」、地区行動目標「原点を知り、考える」。このテーマ、行動目標を掲げ活動方針としました。我が習志野中央ロータリークラブは、30周年記念式典を開催し、今年度のテーマ・行動目標を理解し効果的なクラブ運営ができました。5つの各委員会、会員選考・職業分類、親睦活動、出席、会報、プログラムの各リーダーをはじめ、各委員長、委員の方々のお力添えをいただき活性化を図れたものと思います。
皆様の多大なるご協力に心より感謝申し上げます。

○会員増強・退会防止委員会 〔庄司委員長〕
本年度8名の増員で会員の皆々様にご協力を賜りましたことに感謝申し上げます。残念ではありますが、6名の方々が退会されました。結果純増2名で次年度は50名で構成されます。ありがとうございました。

○IT・広報・公共イメージ委員会
〔矢野委員長〕
今年度の実施計画のうち、ポリオ撲滅運動の周知、ケーブルテレビに30周年祝賀会を放映できたこと、クラブ紹介のリーフレット作成は達成できました。ホームページの充実化、Eメール推進については次年度への宿題となりました。

○奉仕プロジェクト委員会  〔新井委員長〕
今年度の活動計画書に沿って課題は一応クリアしてきたと思っております。一つ目は10月の奉仕プロジェクトセミナーの参加、次に他
クラブとの卓話、ロータリー財団地区補助金は、花の実園に電動工具の寄付。大変喜ばれました。また、社会奉仕髙橋利幸リーダー、国際奉仕平山リーダーはそれぞれ実施計画に沿ってしっかりと活動していただきありがとうございました。
花の実園のさくらまつりは、会員の皆様のご協力ありがとうございました。
奉仕プロジェクト委員として国際大会に参加してとても感動して帰ってまいりました 一年間ありがとうございました。

○職業奉仕委員会     〔髙橋(賢)委員長〕
・職業とは何か....職業本来の目的はどこまでもより良い社会の創成にあると思います。
その社会の創成に有益な職業人の集いがロータリークラブであると思います。
本年度有益な職業人の皆様のご協力により、一年間職業奉仕委員会の活動が出来ましたこと心より感謝致し、御礼申し上げます。

○青少年奉仕委員会     〔西田委員長〕
青少年奉仕委員会は、青少年交換活動、RYLA活動とローターアクト活動の3部で構成されています。それぞれのリーダーの方々に活躍していただきましたのでご報告させていただきます。

(ロータリー青少年交換委員会)
今年度の当クラブの青少年交換活動について報告
★4/20習志野高校と東邦高校と津田沼高校に留学生受入のお願い行脚
★8/15成田空港でお見送りOB小菅真路
★8/25成田空港にて出迎えIBマシュー
★8/27 マシュー歓迎会
★8/28 習志野高校へ挨拶
★地区オリエンテーション 月1回9/6、10/25、11/8、12/23、1/17、2/7(地区大会、青少年の集い)、3/13、4/10、5/8
★クラブ例会 月1回9/17、10/22、11/26、12/24(Xmas)、1/21、2/13(30周年記念)、3/24、4/28(車で送迎)
★10/31、11/1七年祭りに参加
★11/14-15RYLA参加
★携帯電話スマホの手続き
★有志個人による日本語教室や個別相談
★ホストファミリー受入2か月
★義援金の協力
★マンスリーレポートの作成、遺族年金の手続きについての助言

(RYLA委員会)
★11/14-15RYLAの活動 千葉市一宮にて参加。
6か月前より月1回準備してきました。
最終例会にも三田さんをはじめ多くの参加ありがとうございました。
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

(ローターアクト委員会)
ローターアクト年次活動報告
きらっとまつりから始まり、国際交流例会、会員交流・会員増強事業のスノボ例会、皆様の暖かいご支援、ご寄付を募って行なったフリーマーケット例会など、例年通り活動、またそれ以外にも新たな活動に挑戦致しました。
また、記念すべき、周年記念事業を習志野中央ロータリークラブの皆さんと合同で実施出来たことも大変貴重な体験となりました。
地区の行事にも、積極的に参加しホストクラブにも2回なり、地区行事を運営しながら活動に参加することができました。
会員数は当初4名からスタートし現在6名になりました。また、近々もう1名増強の予定です。少しずつではありますが、着実に会員は増強しています。

○ロータリー財団委員会   〔布施委員長〕
2015-2016年度を振り返って主な実施状況を報告させていただきます。
活動計画書の59ページに記せていただいておりますが、財団委員会の各委員の方は、リーダーに朱委員そして山本(美)委員、三代川(文)委員、橋本委員、庄司委員、宮崎委員の7名で担当してきました。
まず、年次寄付金として、大口の特別寄付金を多くの会員の皆様からいただきました。
﨑山会員、山本(美)会員からそれぞれ10,000ドル、齋藤会長、三代川(利)会員、布施会員よりそれぞれ1,000ドルの高額の寄付をいただきました。
宮崎会員、本日1,000ドル。また、新井会員、吉谷会員、西田会員からは新たな積立金として今回1,000ドルの寄付をいただきました。本当にありがとうございました。
ロータリー財団本部からの11月末での集計された資料を見させていただいたところ、2790地区では一人あたり年次基金は489.36ドルと断トツの1位でちなみに2位は船橋東224.29ドルとなっております。また、2月の30周年記念式典においてはクラブより、ロータリー財団に10万円を寄付させていただきました。さらには、
ポリオプラスプロジェクトとしてポリオ完全撲滅にクラブとして1,500ドルも達成することができました。
地区補助金を活用して、花の実園に電動工具類を寄贈させていただきました。
会員の皆様のご協力、本当にありがとうございました。

○米山記念奨学委員会    〔吉谷委員長〕
10月8日(木)に地区米山記念奨学委員会堀口様と奨学生のゲランさんを招いて卓話をしていただきました。
★ローリー米山記念奨学会功労者一覧
(敬称略)
齋藤弘  功労回数 4 2015年9月
吉谷徳一 功労回数 1 2015年10月
宮崎清輝 功労回数 7 2016年6月
・ロータリー米山記念奨学会特別功労法人
不二装備工業(株) 1,000,000円
米山特別功労法人 2015年8月
・準米山功労法人
(有)住宅問題 中島広明 2 2015年7月
・創立記念
創立30周年記念事業寄付 100,000円

○会計〔平澤会計〕
今年度会計内訳
年間収入 13,504,127円
〃 支出 14,317,299円
差引    ▵813,172円
当初予算では、約133万円の支出増の予定でした。一年間ご協力ありがとうございました。詳しくは掲示板に掲示しておきます。

○SAA〔高橋(四)SAA〕
活動計画書の35ページをご参照願います。SAAの今期の担当は私の外に清水さん、布施さん、三田さん、三代川(彦)さん、髙橋(利)さんで担当していただきました。ご協力ありがとうございました。今期のこの会場での担当は今回が最後です。
実施計画

1.例会場の席ですが、多くの会員との交流ができるように指定席と自由席を隔週毎にすることに心掛け、大方実施できました。
2.食事の件ですが、池田屋さんを中心に志福楼さん、キャラバンサライさんの3か所から調達しています。これについてクラブ研修リーダーの一部の方から食事担当はSAAの仕事でないと指摘がありましたが、前期より引き続いてSAAが担当させていただきました。
3.服装については、TPOをわきまえて対
応を協力してもらいました。
以上、会員の皆様のご協力により、進めるこ
とができました。ありがとうございました。

○30周年記念式典委員会〔古田委員長〕
皆様、ご協力ありがとうございました。

1395-3

出席委員会報告     髙橋(利)委員
会員数 出席 欠席 出席率 免除 メークアップ
49  37 12  77.6% 0   1
担当:三代川(彦)リーダー

週報1395回6月16日