「素晴らしい仲間と高めよう奉仕と友情」

2017-18年度 会長 三代川 文史朗

 

2017-18年度、イアンH.S.ライズリーRI会長のテーマ「ロータリー:変化をもたらす」を提唱され、寺嶋哲生ガバナーは行動指針「理念と実践」と掲げられました。

基本を守りつつ社会や世界の変化に対応する姿勢も事を処するに当たって大切なことです。

すなわち、変化とは「守成と変革」の姿勢です。

ロータリーの心と原点を見失うことなく、主義や理論をロータリアンの共通理念でもある「超我の奉仕」=「人のために、役にたって、喜ばれて、報われる」と理解し、一つのチームになるように変革活性化させ、皆さんと共にクラブ主導のロータリー運動をして参りましょう。

退会防止・会員増強はクラブにとって永遠のテーマですが、より多くの会員の交流がクラブの活性化を生み、大きなエネルギーを与えると考えます。

例会の充実、活動の満足を目指し、ロータリアンでよかったと全会員が思える一年にして行きたいと思います。

皆様のご協力、ご指導を賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。

クラブ活動方針
1.「奉仕」と「親睦」がロータリーの両輪という認識を全員にしっかりと持ってもらう。
2.会員の退会防止を図り純増5名の会員増強を目標とする。
3.ロータリー公共イメージと認知度の向上を図るためにロータリーデーを開催し活動内容の広報に努める。
4.エンドポリオナウに賛同し、一人当たり40ドル以上の寄付を行う。
5.地域のニーズも十分に把握し、クラブ独自の奉仕活動に力を入れる。

 

会長運営方針