週報1467回 2018年3月8日

司会:井上会員
●点鐘 〔三代川文史朗会長〕
●ロータリーソング 「我等の生業」
●お客様紹介
伊藤忠商事株式会社OB会「社友会」
会長  山田清實様
青少年交換留学生   ルーカス君

青少年交換留学生   小菅真路君

●会長挨拶 〔三代川文史朗会長〕
皆さんこんにちは
山田様ようこそお出で下さいまして有難うございます。この後の卓話もよろしくお願い致します。
3月は「水と衛生月間」です。地域社会における安全な水の公平な提供、衛生設備が利用できない人が25億人と安全な飲み水が得られない人が7億人おります。
不衛生な水を原因とする病気で命を落とす子供もいます。

ロータリーでは設備の設置、資金調達、維持管理、地域住民の認識を高めるプログラム支援、水と衛生に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間でもあります。

●幹事報告 〔三田英志幹事〕
1.5月12日・13日第23回日本青少年交換研究会千葉会議の案内が来ています。
2.4月29日地区研修・協議会運営協力依頼案内地区幹事ほか4名の協力依頼が来ています。
3.3月16日IM 14時30分受付  15時点鐘参加者の方は遅れないないように
4.4月14日インターアクト年次大会開催案内

●委員会報告
〇社会奉仕委員会 〔川名政志リーダー〕
ゴミゼロ運動 3月17日(土)
津田沼フォルテ 8時集合

〇青少年奉仕委員会 〔高橋利幸委員長〕
青少年交換留学生のルーカス君、2年前習志野中央ロータリ-クラブから青少年交換留学生として、アメリカユタ州に留学した小菅真路君が出席して頂きました。
4月からルーカス君は2年生になります。
小菅君は4月から慶応大学に入学されます。野球を続けていかれるそうです。

〇親睦活動委員会 〔三代川彦博リーダー〕
3月22日(木)夜間親睦活動移動例会を予定通り開催しますが、場所が志福楼から池田屋に変更しましたので、間違えない様にお願いします。
また、4月5日(木)移動例会(お花見)を開催しますので、多くの会員並びに家族の皆様の参加をお願い致します。
場所 鎌倉
会費 会員6,000円  家族4,000円

〇奉仕プロジェクト委員会 〔朱委員長〕
先程の理事会で、2018-19年度地区補助金申請プロジェクトを「ソフトボール世界選手権大会支援及び青少年に夢と希望を与えるプロジェクト」とすることを決定しました。

〇米山記念奨学委員会〔古田憲一委員長〕
中島広明会員より特別寄付10万円頂きました。
三代川年度 特別寄付 120万円になりました。普通寄付20万円を合せ140万円に50名=28,000円 (地区目標15,000円)大幅にクリアにありがとうございます。

〇FGC会 〔中野尚宏会員〕
3月15日(木)第95回FGC会ゴルフ大会に会員25名及びご家族2名合計27名により開催します。参加者は、コース中山CCに午前8時45分迄にご集合下さい。
なお、ご来場の際は、背広若しくはブレザー等を着用されますようお願い致します。

〇幹事エレクト 〔新井ミエ幹事エレクト〕
第1回被選理事会
3月22日(木) 17時30分から池田屋にて

●ニコニコボックス
小菅会員
息子が交換留学に行かせて頂きありがとうございました

●卓話
〇伊藤忠商事株式会社のOB会「社友会」
会長  山田清實様

総合商社に40年奉じて、今は社会に感謝1970年代のオイルショック、80年代の円高、90年のバブル崩壊と大きな危機の度に“商社斜陽”“商社無用” “商社悪玉”論の世間の逆風を乗り越えて、体質改善に取り組み、21世紀に入り質量ともに躍進を遂げつつある総合商社業界を40年余身を置いた者からお話し致します。
日本独特の存在である“総合商社”は巨大な売上“ラーメンからミサイル”と形容されるあらゆる商品、世界中の市場での多彩な取引、世界中に張り巡らされた情報網、企業集団の取り纏め役と同時に自身で多数の系列企業を支配している。
私が入社した当時は、物流・金融・保険・情報を駆使してメーカーの窓口を競い、口銭を獲得する商売が基本でしたが、その後は商品への加工、顧客の要請に応える機能を加えて利益を高める。
更に、プロジェクトの設計段階から完成、操業までを包括して複数の企業を束ねるオルガナイザー機能の発揮。資金・人材・情報・経営ノウハウによる事業投資に進出するに至り、会社の評価は売上から利益へ、単体から連結へと変化して行きました。
総合商社の機能と収益の進化は少子高齢化の日本社会と相まって、社員教育、働き方改革、健康経営など制度に見直しをもたらし、社会のトップランナーとしての制度改革が進行している。
私が籍を置いた伊藤忠商事では、現場力・海外・連結を重視する「人材戦略」を入社1年目から実施、新入社員・若手・中堅・課長・部長・役員と研修プログラムが組まれている。
働き方改革の目玉として2013年に「朝型勤務制度」を導入、20時以降の残業を禁止、翌日朝勤務にシフトし、大きな成果を上げている。
「健康経営」として、社員の日頃からの健康管理の為のサポート体制を強化、機器・設備を整備して健康増進を図ると共にがんとの両立支援を徹底する。
金曜日には「脱スーツ・デー」を採用、従来のカジュアルフライデーよりもう一段ドレスダウンをする新鮮で自由な発想を促す。
私の時代大半は、未だ旧い商売形態で世界市場を競い合い、会社の制度も設備も福利厚生も未熟でしたが、そうした時代を経て今、総合商社が高い収益力と優れた社会性で社会に貢献している様は誇らしく、嬉しい気持ちです。
しかし、同時に時代の動きは世界的規模で素早く、変化も激しい。第四次産業革命と称されるビッグデータを活用してのフィンテック、AIが勝負のカギ、果たして総合商社が勝ち抜けられるか?

出席委員会報告       山本(孝)委員
会員数 出席 欠席 出席率 免除 メークアップ
49  35 12 77.08%  1   2
担当:平澤会報委員

週報1467回 2018年3月8日